英語母語話者と日本語母語話者による

英語/r/と/l/の知覚


[背景]
背景に雑音がある中で音声を聴き取るのは難しく、特に非母語話者にとっては大変困難となる(Lecumberri & Cooke, 2006)。また、学習者の習熟度は外国語音声知覚にとって重要である (Masuda & Arai, 2010)。しかし、所謂「バイリンガル」と呼ばれるような上級レベルの学習者でも、特に雑音下ではネイティブと同じような知覚をすることは難しい (Mayo et al., 1997)。例えば、雑音が多く存在する環境であっても、上級学習者は /r/ をネイティブ並みに知覚することができるが(図1)、/l/ の知覚は中級学習者並みの正答率に低下する (図2) (Masuda & Arai, 2012)。したがって、異なる習熟度を持つ学習者にとってどの音が、どの環境で知覚が困難になるか調査することは、今後、習熟度別音声訓練教材を作成する上で大変重要となる。

[デモについて]
こ のデモンストレーションは、英語の/r/と/l/を聴き取る際に、背景に雑音が入ると聴き取りにくくなることを示す。このデモンストレーションに使われる 雑音は「バブルノイズ」と呼ばれ、「内容は聴き取れないが人が話している」雑音である。このような空間は、例えば騒がしいカフェテリア、パーティー会場な どを模擬している。静かな聴取環境で/r/や/l/が聴き取れていても、雑音が溢れている我々の日常生活では実は外国語音声は聴き取れていないのかもしれ ない。




/r/の知覚 /l/の知覚

[参考文献]
1) Lecumberri & Cooke, Effect of masker type on native and non-native consonant perception in noise, Journal of the Acoustical Society of America, 119 (4), 2445-2454, 2006.
2) Masuda& Arai, “Processing of consonant clusters by Japanese native speakers: Influence of English learning backgrounds,” Acoustical Science and Technology, 31(5), pp. 320-327.
3) Mayo et al., Factors affecting the recognition of words in a second language, Bilingualism: Language and Cognition, 3 (1), 55-67, 2000.
4) “Perception of /r/ and /l/ in quiet and multi-speaker babble noise by Japanese and English native listeners,” Proceedings of the Spring Meeting of Acoustical Society of Japan 2012, pp.477-480.